2018

05

10

コメント

家日和.奥田英朗



サニーデイ・ここが青山/家においでよ/グレープフルーツ・モンスター/
夫とカーテン/妻と玄米御飯

妻の仁美が家具類を持って家を出た。仁美は大手家電メーカーで小洒落た
電化製品のデザイナーで、一方の正春は平凡な営業マンだった。冷蔵庫と
洗濯機とベッド以外は持ち出され、徐々に家具を揃えた部屋は、独身者の
夢の部屋となり、同期が押し掛けるようになる。(家においでよ、より)

深刻な理由は特に無かったが、別居することになった正春と仁美。主に
話は正春の家具・電化製品購入録となります。そこがまた楽しい。家族
持ちでは難しい、最新のオーディオセットやホームシアター等を購入し、
同期が羨ましがり押し掛ける、蘇る大学生生活。ラストは書けませんが
どの短編も心温まります。
スポンサーサイト

2018

05

04

コメント

どちらとも言えません.奥田英朗



奥田先生スポーツを語る。この方がこんなにスポーツを愛しているとは
全く想像出来ませんでした。サッカーに始まり野球で終わるという感じ
ですが、間に相撲も挟んでおります。マラソンをされているようですが、
そこは語りがありません。垣間見える本音がツボです。

2018

03

10

コメント

町長選挙.奥田英朗



オーナー/アンポンマン/カリスマ稼業/町長選挙

伊豆半島の沖合にぽつんと浮かぶ千寿島に二年の任期で離島研修に来た
良平だったが、四年に一度の町長選挙が告示されてから環境が一変した。
投票率95%超え、島を二分して前市長と現市長が激しく争う両陣営から
支持者になれと迫られる。そこへ、島の診療所に伊良部が赴任。公約に
特別養護老人ホームの建設を巡り、更に加熱する。(町長選挙、より)

今回は伊良部が離島に登場。伊良部の背景を選挙に利用しようと、奪い
合う両陣営。身勝手な醜い争いかと思いきや、最後は感動の郷土愛へと
シフトします。故郷っていいものです。一部の患者はモデルがわかるの
ですが、3作目がどうにもわかりません。

シリーズ情報:イン・ザ・プール空中ブランコ.町長選挙.

2018

02

14

コメント

空中ブランコ.奥田英朗



空中ブランコ/ハリネズミ/義父のヅラ/ホットコーナー/女流作家

麻布学院大学医学部付属病院神経科勤務で大学講師の池山達郎は、日々
戦っていた。義父の野村は現学部長、医学部のトップ。そして、ヅラだ。
池山は、そのヅラを剥ぎたい衝動と日々戦っている。身の破滅だからだ。
池山は悩み伊良部の診察を受けたが、ヅラを剥ぐ以外に治す法はないと
伊良部は池山の医局を訪ねて来た。(義父のヅラ、より)

これは名作になっています。前作は伊良部の滅茶苦茶さに振り回されて、
副産物的な解決らしきものが見えたのですが、本作は患者自らが気付き
癒され、解決に導けているのです。本作は池山以外にも外科医の倉本も
登場し、3人でヅラを巡って組み合うなど青春を感じてジーンときます。
第131回直木賞受賞作品です。

シリーズ情報:イン・ザ・プール.空中ブランコ.

2018

02

04

コメント

イン・ザ・プール.奥田英朗



イン・ザ・プール/勃ちっ放し/コンパニオン/
フレンズ/いてもたっても

伊良部総合病院の地下一階にある神経科。身体の不調を訴え連日通いつめる
和雄は、医師から受診を促される。そこには白く太った医師・伊良部一郎が。
振り切れた伊良部の指示はトンデモなく、その奇抜さに驚くばかりだったが
何故か頷いてしまう。(イン・ザ・プール、より)

プール依存症の患者と共にプールに行く。治療なのか、いやむしろ伊良部が
ハマっている感が。伊良部に振り回される彼らの着地点はどこなのでしょう。
春日センセとも違った新しい精神科医師の登場でした。振り回される患者の
伊良部への一言。呑気を独り占めしやがって、笑えます。

シリーズ情報:イン・ザ・プール.

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad