2017

09

09

コメント

月光のスティグマ. 中山七里



淳平は、麻衣と優衣の美しい一卵性双生児と幼少の頃から兄弟のように育った。
だが、どちらかが兄を殺害する現場を目撃してしまう。心の整理が出来ないまま、
朝を迎えた午前5時46分、神戸の街が激しく揺れた。15年後、東京地検特別捜
査本部の検事となった淳平は、対象の私設秘書である優衣と再会する。

警察小説ではないので、どう終わるんだろうかと思いながら読みました。予想外、
全くの予想外でしたが、好きな終わり方です。優衣を求めながらも常にある疑惑。
兄を殺害したのは、目の前にいるのはどちらなのか。捜査に乱れは生じないか。
多くの要素が絡み合い、ラストは一気に転がります。
スポンサーサイト

2017

05

17

コメント

テミスの剣. 中山七里



台風の接近に伴う大雨の夜、埼玉県浦和市で不動産業の夫婦が殺害された。
刑事として配属されたばかりの渡瀬は、教育係の鳴海とともに被疑者・楠木を
確保、激しい取り調べの結果自白した翌年に拘置所で自殺した。それから5年、
渡瀬は別件で逮捕した迫水から、不動産夫婦の殺害自供を引き出す。楠木は
冤罪だった。そして24年後、出所した迫水が殺害された。

二部構成です。新人刑事の頃の渡瀬さんが、冤罪を明らかにするまでが一部。
そこには葛藤が、などと一言では言えない過程がありました。そして、24年後
迫水殺害を自分の事件だと犯人を追う渡瀬さん。「切り裂きジャックの告白」と
同時期に起こっている事件ですので、古手川と犬養さんがチラリと登場します。
退官前の高遠寺静、その他関係者もスタンスそのまま登場します。

渡瀬: 浦和署刑事、後、埼玉県警捜査一課刑事
高遠寺静: 東京高等裁判所判事、裁判長裁判官
恩田嗣彦: 東京高等検察庁検事

古手川: 埼玉県警渡瀬の部下
犬養: 警視庁一課麻生班刑事
葛城公彦: 警視庁一課麻生班刑事
高遠寺円: 静の孫

2016

09

20

コメント

ヒポクラテスの誓い. 中山七里



生者と死者/加害者と被害者/監察医と法医学者/母と娘/背約と誓約

法医学教室の一日目。浦和医大の研修医・栂野真琴は県警からの
遺体解剖要請のため臨場する。どうやら光崎教授は県警の古手川に
管轄内で既往歴のある遺体が出たら逐一報告するよう指示していた。
光崎が強引に解剖した凍死の遺体の真相は?(生者と死者、より)

今まで多くの作品に登場していた光崎教授が主役です。それに加え、
真琴の成長も描かれています。古手川はある程度出来上がっている
感じがしていて、年表としてはいつ頃なんでしょうか。音楽の時も思い
ましたが、この展開の法医学ミステリが書けるなんて何なんでしょう。

ヒポクラテスの誓い: 
医学の父ヒポクラテスがギリシャ神への宣誓文として謳ったもの。
キャッシーは患者を生者と死者に区別していないことを力説している。

光崎藤次郎: 浦和医大法医学教室教授
キャッシー・ペンドルトン: 同准教授
栂野真琴: 同研修医
古手川和也: 埼玉県警捜査一課刑事
渡瀬警部: 姿はありませんが、称賛の声多数ありw

2016

04

13

コメント

追憶の夜想曲. 中山七里



他の男との再婚を望み、生活無能力者の夫を殺害した妻。金にも売名にも
ならないその控訴審の弁護を奪い取った御子柴。一方、御子柴に惨敗した
過去を持つ検事・岬も御子柴との対決のために、その事案を自ら担当する。
因縁の絡んだ対決に御子柴は妻の過去を辿る。御子柴の真意はどこに?

身勝手な妻の夫殺し。世間の同情も得られず、勝ちの見込みがない、更に
金にもならない、三拍子揃った事件を御子柴が奪う。一体目的は何なのか。
本シリーズは御子柴が次どの状態で始まるのか、そもそも続けられるのか
という、前作と張る程の驚愕のラストです。

岬洋介とこの世界はリンクしていないと思っていたのですが間違いでした。

御子柴礼司シリーズ情報: 贖罪の奏鳴曲. 追憶の夜想曲. 
岬恭平: 東京地検検事正、ピアニスト・岬洋介の父
宝来兼人: 弁護士、「スタート!」「嗤う淑女」にも登場しているらしいです

2016

02

26

コメント

静おばあちゃんにおまかせ. 中山七里



静おばあちゃんの知恵/静おばあちゃんの童心/静おばあちゃんの不信/
静おばあちゃんの醜聞/静おばあちゃんの秘密

横浜埠頭の裏路地で発見された死体は、神奈川県警の刑事だった。
体内に残存した弾丸から、その銃の持ち主・椿山刑事が逮捕される。
葛城は管轄を超えて神奈川県警に出向くも、かつての上司の潔白は
証明できない。困った葛城は円に助けを求めるのだった。

こちらの世界の時系列で「切り裂きジャックの告白」より前のようです。
時に記憶が刺激される名前を見かけますが、もはや曖昧です。刑事、
女子大生、おばあちゃん、警察から探偵までの道順は言わずもがな
ですが、ちょっと遠いかと個人的には思いました。

葛城公彦: 警視庁刑事部捜査一課刑事
高遠寺円: 女子大生
高遠寺静: その祖母、元裁判官
犬養隼人: 警視庁刑事部捜査一課刑事、葛城の先輩

三枝光範: 本所署強行班係刑事
財部和人: 管理官

2015

10

01

コメント

贖罪の奏鳴曲. 中山七里



製材所の社長が事故で脳挫傷、集中治療室で死亡した。後日、妻は逮捕され、
安楽死事件は保険金殺人へと一転した。高齢の弁護士が緊急入院し、難しい
弁護を御子柴は引き受ける。一方、下着と腕時計のみを身に付けた水死体が
発見され、埼玉県警の古手川は渡瀬と共に捜査に関わる。身元は記者会見で
判明、強請が本業となったフリーの記者で、上記の保険金殺人を追っていた。

幼女殺人を犯し少年院を退院後に名前を変え、弁護士となった御子柴。彼の
一人称、死体遺棄から本書は始まります。死体は発見され、渡瀬+古手川も
捜査に関わります。保険金殺人の法廷あり、記者殺人の捜査あり、御子柴の
収監時のエピソードあり、盛り沢山でラストに突入します。渡瀬さんカッコいい。

御子柴礼司シリーズ情報: 贖罪の奏鳴曲. 
御子柴礼司: 弁護士、幼女殺人を犯した園部信一郎
渡瀬: 埼玉県警捜査一課班長、警部
古手川和也: 埼玉県警捜査一課の新人刑事
島津さゆり: 矯正教育の一環でピアノを弾く少女

古手川年表: 
魔女は甦る(ド新人、25歳). 連続殺人鬼カエル男(一課に配属されて一年).
贖罪の奏鳴曲. 切り裂きジャックの告白.

2015

07

01

コメント

いつまでもショパン. 中山七里



ショパン・コンクール一次予選最終日、出場者控室で発見された刑事の死体は、
手の指十本全てが第二関節から切り取られていた。地元ポーランド期待の新鋭
ヤン・ステファンスは、岬洋介ら他の出場者の演奏に打ちのめされ、会場周辺で
頻発する爆破テロで友人を亡くしながらも会期中大きく成長していく。日は迫る。
コンクール優勝者は、ピアニストと呼ばれるテロリストは一体誰なのか。

ピアニスト岬洋介を探偵とするシリーズ第三弾、前作の一年後くらいでしょうか。
今回はコンクール期間中の、テロリストが絡んだ殺人事件です。今回、師という
立場ではありませんが、ヤンの再構築に一番深く関わったのではないでしょうか。
合間に教え子たちも登場しますが、それが最終回的な感じで・・・続きますよね?

岬洋介シリーズ情報: 
さよならドビュッシー. おやすみラフマニノフ. いつまでもショパン. 

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad