2017

08

20

コメント

リバース. 相場英雄



三知設立以来の大きなミスにより、西澤は目白署刑事課に、清野は麻布署
刑事課に飛ばされた。目白署管内の百貨店で万引きを働いた老女の話から
西澤は詐欺の端緒を掴む。やがてそれは清野へ、清野から三知へと大きな
詐欺事件の立件とつながっていく。「総員、着手せよ」真藤の声が響く。

西澤が目白署に飛ばされて2ヶ月後、「絶対に本部に戻って気概でやれ」と
大岩に言われた言葉を肝に銘じ、調べるほど怒りを増す卑劣な詐欺事件を
西澤は追います。一方で、これまたシリーズとして有り得ない展開が起こり、
次作が楽しみでもあり、苦しくもありです。

警視庁刑事部捜査二課第三知能犯目白署(三知)
西澤辰巳: 異動して3年目の警部補
真藤勝: 第三知能犯捜査係長、警部
清野卓: 行動確認班、警部
大岩茂樹: 定年退職した三知OB
小堀秀明: 西澤より年下のキャリア、警視

シリーズ情報: ナンバー. トラップ. リバース. 
スポンサーサイト

2017

07

29

コメント

トラップ. 相場英雄



土管/手土産/捨て犬/トラップ

西澤は前の事件で端緒を掴んだ、贈収賄事件を追っていた。その矢先、
真藤が体調不良で倒れ、〈 水も漏らすな 〉という伝言を西澤は受け取る。
これ以上水が漏れる要素はない。西澤がそう判断して送検してた2日後。
東京地検特捜部から電話が入った。(トラップ、より)

企業の横領や背任、詐欺案件の担当部署に異動して3年近く。安定感の
増した西澤が事件を追う連作短編集です。前の事件で端緒を掴み、次で
更に調査を進めて立件する。そして、最後のトラップでまさかの展開です。
シリーズとして無茶です。携帯電話の会社がイツモ。これも笑えました。

警視庁刑事部捜査二課第三知能犯捜査係(三知)
西澤辰巳: 異動して3年目の警部補
真藤勝: 第三知能犯捜査係長、警部
清野卓: 行動確認班、警部
小堀秀明: 西澤より年下のキャリア、警視

シリーズ情報: ナンバー. トラップ.

2016

04

28

コメント

偽金 フェイクマネー. 相場英雄



依願退職を余儀なくされた七海ファイナンスの椎名は、オンラインゲームを
利用した新しいネットビジネスを立ち上げる。一方、キャスター志望のフリー
アナウンサー・田尻は企業ポイントの取材を進める。それぞれの偽金を追う
二人。だが、その陰で二人を脅かす謎の人物が暗躍する。

もと消費者金融の店長・椎名と女子アナの田尻。どこに共通点があるかと
思いますが、それぞれ偽金を追ううちに危ないものに近づいてしまいます。
想像以上の展開あり、もう少し背景が知りたい最後でした。

2015

11

15

コメント

越境緯度. 相場英雄



拉致問題への私的発言を理由に日本銀行を追われた大田原は、大学院の
教授をしていた。その大田原の講義に韓国の電子企業からスポンサードの
オファーがくる。CEOのイ・スーフンは越南した経歴があるも、詳細は不明。
彼は家族と再会するために、体制を内側から崩壊させる機会を待っていた。
同時期に、大田原の講義は中国からの留学生リ・ドンホを迎える。

不器用な大田原が何故か中心となり、話が進んでいきます。イ・ス―フンや
リ・ドンホの背景は深く切なく、大田原がいなくても読み応え十分なのですが、
それだと痛くなってしまう......緩衝材であり希望でもあるのかなと思いました。

2007年刊行の「ファンクション7」を改題、加筆・修正したものとのことです。
ワタクシ的には「ファンクション7」の方が好きです。どちらも有りなのですが、
背景を粛々と受けるなら改題、明るく考えるなら改題前という感じでしょうか。
秘書の人、素晴らしく有能でした。

2015

10

07

コメント

金融報復 リスクヘッジ. 相場英雄



ロング・ショート/ディスクロージャー/セレブバブル/ゴーストタウン

農連の債務超過のニュースに株価が激動。数分のうちに府中の手から
90億円分の金が溶け出し始めた。府中ファンドの決算日まであと1ヶ月。
利払いかファンド清算か。(ロング・ショート、より)

デフォルト」の続編と言いますか、後日談と言いますか…短編集です。
官僚と銀行によって自殺に追い込まれた沢田の仇討から5年が経った
府中、宮島、莉子、角たちは自分の道を進みながらも筋を通しています。
作品としては「ロング・ショート」が一番好きなのですがファンドの世界の
攻防なので実はよくわかりません。ホラーさながらの緊迫感が好きです。

府中純: 中堅ヘッジファンドの主宰
宮島裕: インターネット専業メディアの編集長
城山莉子: 外資系広報代理店の営業
角浩二: 六本木一帯の高級クラブやホストクラブのオーナー

2014

12

14

コメント

ナンバー. 相場英雄



保秘/一二桜/あたり/へそ

警視庁本部捜査第二課知能犯捜査係、通称ナンバー。所轄署の刑事だった
西澤辰巳は、ナンバーの第三知能犯捜査に異動、企業の不正、横領、背任、
詐欺を専門に追うことになった。一方、高校時代の友人から受けた妹の相談。
それは思わぬ形で、西澤の追う事件と絡み合っていく。(保秘、より)

熱い一体感を持つ一課から、秘密主義で独特の捜査方法を行う二課に異動、
戸惑い悩みながらも、西澤は二課にも熱い思いや絆があることに気付きます。
各話の最後には手痛い衝撃を受ける、西澤の成長連作短編集です。経済は
全く疎いのですが、もと経済部記者の二課小説はわかりやすく面白いです。

警視庁刑事部捜査二課第三知能犯捜査係(三知)
西澤辰巳: 異動したばかりの警部補
大岩茂樹: 銀行班、定年間近の巡査部長
真藤勝: 第三知能犯捜査係長、警部
清野卓: 行動確認班、警部

シリーズ情報: ナンバー.

2014

07

01

コメント

血の轍. 相場英雄



都立公園の敷地内で変死体が発見された。遺体は元刑事の香川、絞殺だった。
一課の兎沢が臨場し、手掛かりを追って山形に向かうが、立ちはだかる公安部。
現場で指揮をする志水は、かつて兎沢とともに海藤の部下だった。

刑事部と公安部、犯人との三つ巴ではなく、最初から最後の最後まで刑事部と
公安部とが激しく対立します。勝手に予想した最後とは大きく異なる展開でした。
ともに海藤の部下だった過去を挟みつつ、かなりの勢いでぶつかり合います。

重要な舞台の一つである病院の実名が、まんま使用されていることに驚きです。
逃げることもできる書き方ですが、イケるのが意外でした。

兎沢実:第四強行班七係
海藤啓吾:警視庁刑事部捜査一課長
志水達也:警視庁本部公安部公安総務課
曽野耕平:警視庁本部公安部公安総務課長

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad