2016

12

18

コメント

躯体上の翼. 結城充考



緑化政策にまつわる軍の運営を全て代行する佐久間種苗に生み出された、員。
彼女は、航空上の脅威である人狗から緑化政策船団を護衛する対狗衞仕として
百年に一度任務を行う。ある日、互聯網で出会ったcy。彼との会話に癒される員。
次の任務地がcyのいる東景と知った員は一人、221隻の船団に戦いを挑む。

対狗衞仕としてつくられた員は、cyを救うために身の危険を顧みず任務を放棄。
謀反人として追われる身となりながら船団を破壊していきます。それが予想外に
頭脳戦です。別世界の疑問は多々ありますが、多方面から登場する人物?達が
思うことで自然と説明されるので、謎解きのようで面白いです。
スポンサーサイト

2016

12

04

コメント

衛星を使い、私に. 結城充考



唯一のエス/二つからなる銃弾/雨が降る頃/
衛星を使い、私に/Sは瞼をとじた/計算による報酬

埋め立て地のパーキング・エリア、花壇に指が落ちている。通報を受けて
自動車警邏隊のクロハは、上司のスギと共に現場に臨場した。二ヶ月後、
科学捜査研究所から結果が届いた。一人調べるクロハはネットに痕跡を
残し消息不明となっている存在に辿り着く。(衛星を使い、私に)

クロハが自動車警邏隊に異動して4ヶ月。県警機動隊の以前が書かれた
連作短編集です。最後まで引っ張るエピソードもあり、長編として捉えても
面白い一冊です。どストライクな話も多く、この乾いた感じが好きです。

シリーズ情報: プラ・バロック. エコイック・メモリ. 衛星を使い、私に.

2016

11

25

コメント

屍人の時代. 山田正紀



神獣の時代/零戦の時代/啄木の時代/少年の時代

百歳を超え妖力を持つという大アザラシ、ウエンカム。吐裸羅島の漁師の長は
ウエンカムを捕殺した者に娘を嫁がせると宣言した。民間探偵の呪師霊太郎も
現場に入り、やがて起こる事件を解決するのだが…。(神獣の時代、より)

民間探偵として、それなりに名の知れた風で呪師霊太郎が登場します。しかも
銀座の探偵の看板から名付けたという、耕助という猫を連れて。本作は秀助の
過去ががっつり書かれて前作の疑問は全て解消と思っていましたが、全くナシ。
時代の振り幅も広く、ますます霊太郎が謎が深まって終わりました。

シリーズ情報: 人喰いの時代. 屍人の時代. 

2016

11

18

コメント

人喰いの時代. 山田正紀



人喰い船/人喰いバス/人喰い谷/人喰い倉/
人喰い雪まつり/人喰い博覧会

昭和の初め、椹秀助は小樽に向かう客室で呪師霊太郎と出会った。読書室から
戻る途中、秀助はマストの横木にぶら下がる死体を発見する。蟹工船さながらの
待遇で「人喰い船」と呼ばれる会社経営者だった。人間心理の探求者・霊太郎は、
殺人に至る人間心理を求め、事件を調べ始める。(人喰い船、より)

客船で出会った、呪師霊太郎と椹秀助が事件に遭遇(?)する連作短編集です。
必ずしも秀助だけの視点で書かれていないこと、時代が現在と行き来すること等、
特に後半は読みにくく感じることもありましたが、どうやらそれは次作が解決して
くれるようです。秀助も霊太郎もどちらも謎が多いので、楽しみです。

シリーズ情報: 人喰いの時代. 

2016

11

15

コメント

死と呪いの島で、僕らは. 雪富千晶紀



須栄島に災いが来る。椰々子は海のカミの予言を死者から聞いた。
杜弥は町長であり漁師達の束ね役である白波家の次男、椰々子に
思いを寄せる。だが、沈没船の漂着や、海で死んだ男の甦りなどが
椰々子を中心に起こり、ついに嵐の夜に島が死者に襲われる。

島が呪われているのか、椰々子が呪われているのか。この薄さに
よくぞここまでと思うくらいエピソードが満載で、島に迫りくる何かが
書かれています。最後はそこまでと思うくらいの丁寧さです。

2016

08

07

コメント

エコイック・メモリ. 結城充考



約一ヶ月前に投稿された「回線上の死」と題された映像の、投稿者は「echo」。
溺死、撲殺、絞殺と、いずれも残忍な殺害の映像だった。県警機動捜査隊の
クロハは期限付きで捜査を命じられた。僅かな手掛かりから撮影場所を確定、
犯人の一人を確保するも暴力組織も介入し、事件は複雑に絡みだす。

本作は、前作の一ヶ月後から始まります。ということは前作の終りに本作の
映像の振りがあっても美味しいのですが、記憶にありません(笑)。またもや
猟奇的な連続殺人に、クロハは挑みます。しかも変わらず捜査からは浮き、
有り得ない襲われ方もします。彼女のタイミングが悪さが元凶でしょうか。

シリーズ情報: プラ・バロック. エコイック・メモリ. 

2016

07

12

コメント

プラ・バロック. 結城充考



県警機動捜査隊の女性刑事クロハは頸動脈を切られた遺体の凄惨な
現場から、臨港署の手伝いに回された。簡単なレンタルコンテナ廃棄の
立ち合いの筈が、中から14体の凍った遺体が発見される。集団自殺と
判明するも、翌日には新たなコンテナからも遺体が発見された。

美しい女性刑事・猟奇的殺人・謎の集団自殺とくれば、ある種の中では
鉄板ですが、現代の要素もしっかりと入っており、老舗が出した現代の
幕の内弁当的な美味しさがあります。もっととぐろを巻いた話が好きな
方には何かが足りなく感じるかも知れません。

シリーズ情報: プラ・バロック. 

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad