2018

11

13

コメント

誰も僕を裁けない.早坂吝



職業娼婦、趣味探偵。上木らいちの元にメイド服一式と訪問依頼が届いた。差出人は逆井東蔵、全く面識がなかったが指定の日時に訪ねると四泊五日30万円でメイドをすることにな理、翌日、東蔵の子供が連続で殺害される。一方、高校生の公平は埼を深夜に訪ね、条例違反で逮捕される。らいちは犯人を明らかに、公平は裁きを跳ね除けられるのか。

軽めの流れについ惑わされますが、裏表紙にある社会派は間違いではないのかもです。残念な人もいますが、多くの人は形は違えど芯があると思いますし、危機をくぐり抜けた企業小説に通じるような気がするのですが気のせいですか?同族会社の連続殺人事件の結末がこんなに爽やかとは思いませんでした。

シリーズ情報:○○○○○○○○殺人事件虹の歯ブラシ.誰も僕を裁けない.
スポンサーサイト

2018

11

02

コメント

虹の歯ブラシ.早坂吝



上木らいち発散

上木らいち、職業娼婦、趣味探偵、高級マンションレインボーツリー707号室在住。その部屋の洗面所には虹色の歯ブラシが常備されている。ライチと平日の決められた曜日に部屋を訪れる男達用だった。月曜日の固定客・村崎の経営する会社で秘書が殺害された。村崎は707号室を訪れていたのでアリバイがある。刑事の藍川は事件を解決したらいちに魅了され、火曜日の固定客となった。

エロい事件をエロい探偵が解決します。本作を読むと前作はエロが抑え気味だったのだと感じます。ですが、最後の橙かららいち自身の色・赤はメタメタな展開でシリーズは終わりなのかと思わせる展開。エロいながらも筋の通ったらいちを好きになったのですが。。。残念。。。太字には意味がありました。

シリーズ情報:○○○○○○○○殺人事件.虹の歯ブラシ.

2018

10

12

コメント

○○○○○○○○殺人事件.早坂吝



小笠原諸島の再従兄弟島は黒沼夫婦だけが住むプライベート・アイランドだ。地方公務員の沖は、アウトドアのブログで知り合った同好の士と4度目のオフ会のため再従兄弟島を訪れた。だが、フリーライターの成瀬がらいちと名乗る赤い髪にフェロモンを過激に撒き散らす服装の18歳?の少女を連れて来ていた。翌日、黒沼の妻と医師の浅川が失踪し沖は駆け落ちを疑うが、次いで成瀬が殺害される。

デビュー作であり第50回メフィスト賞受賞作です。麻耶雄嵩氏が軟禁されていることを愚痴りながら解説しています。そして、「○○○○○○○○殺人事件」の「○○○○○○○○」に当たる部分を当てよと、読者への挑戦状が冒頭いきなりあります。視点人物と探偵が交わることが無く新鮮でした。沖君の性格は興味深いのですが本作のみなのでしょうか。

シリーズ情報:○○○○○○○○殺人事件.

2018

05

19

コメント

ブリザード.早見俊



D6 犯罪予防捜査チーム

二宮信次郎は念願の刑事になり、犯罪予防捜査チームに配属された。警視庁
目黒南警察署署長の肝煎りで新設された部署だが、地下一階の物置にあった。
しかも組織からはみ出した吹き溜まり6人、ドリフトのD6と揶揄されていた。
やる気のないD6の面々だが、補導した少女を救うために動き出した信次郎に
チームが巻き込まれ、解決に向けて力を合わせていく。

荒れた高校生だった信次郎は一人の刑事に救われ、自らも刑事を目指します。
補導した少女を放っておけず、家族とも関わるうちに、やがて大きな事件に
発展していく流れは面白いのですが、人間関係が軽いところが微妙です。

2018

01

27

コメント

東京ロンダリング.原田ひ香



離婚したりさ子は帰る家も無く、ふと入った不動産で仕事につく。
事故物件に一定期間住むことで、部屋をロンダリングする仕事だ。
やがて知り合う人々と触れ合う中に、りさ子の心は癒されていく。

これは何のカテゴリに入れたらいいのだろう、と悩みましたが
はい、謎もあるのでミステリで。面白い設定ですが、最後が少し
満福気味ですね。

2017

11

10

コメント

院内刑事. 濱嘉之



次期総理ともいわれる重鎮、浅野財務相が国内線で脳梗塞疑いの症状を呈し、
羽田空港から川崎殿町病院に救急搬送された。術後の経過も順調であったが、
病理検査の結果から事件の可能性か考えられた。警備公安畑出身で川崎殿町
病院のリスクマネジメントを担当する廣瀬は、真相究明に動き出す。

浅野財務相の命を狙う者は誰?病院のリスクマネジメント担当が犯人を捜査?
確かに病院は事件が一杯、リスクマネジメントは必須です。ですが、越権行為を
するわけではなく必要な情報を提供し、優秀な後輩を推すこともし、立ち位置を
理解した上で話が進むので、有りだと思って読めました。他のシリーズとリンク
しいているのか、この名前見たことあったかとも思いつつ読みました。

2017

10

29

コメント

警視庁情報官 トリックスター. 濱嘉之



黒田の追う詐欺事件は、その背後で蠢く政治家や広域暴力団、暴走する
宗教団体にまで及んだ。自身の情報収集に加え、率いる情報室を中心に
公安的捜査をも駆使し、全容を明らかにしていく。その過程で黒田の最も
解決を望む事件の端緒を掴んでいく。

一作目から何度も目にした事件が本作で真相に迫ります。黒田がそれ程
解決を望んでいたと思っていなかったので少し驚きました。独自に調査を
続けている風でもなかったですし。じっと機会を狙っていたのでしょうか。
本作は時間の勝負的な面もあり、緊張感もありました。

警視庁情報官シリーズ情報: 
シークレット・オフィサー. ハニートラップ. トリックスター. 

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad