2018

07

11

コメント

ふりむけばそこにいる.久賀理世



奇譚蒐集家 小泉八雲

境界の少年/眠れぬ子らのみる夢は/忘れじのセイレーン/誰がために鐘は

母を亡くしたオーランドは見ず知らずの父方の親族に引き取られ、ダラム
郊外にある聖カスバート校に編入することになった。ダラムまでの列車で
出会った、世の怪を蒐集するパトリックは校内でも有名な変わり者だった。
オーランドは怪異を共に体験しながら、パトリックと友情を育んでいく。

親族から疎まれて僻地の神学校に送られたオーランドは、似た境遇である
パトリックと出会い友情を育みます。二人の複雑な背景は徐々に語らえて
いますが、それを乗り越えていくこれからの続編を楽しみにしたいです。
再びチェロを手にするオーランドの姿とか、ありそうな気配なのですが。
あまりにも有名な小泉八雲の学生時代、粒揃いな短編の奇譚集です。

オーランド・レディントン:聖カスバート校編入生
パトリック・ラフカディオ・ハーン:聖カスバート校変わり者の神学生
   オーランドにはパトリキオス・レフカディオス・ハーンと名乗る
ジョージ・ロバート・ハーン:パトリックの兄
スポンサーサイト

2018

05

22

コメント

呪い殺しの村.小島正樹



両親の死の真相に迫るため、「まつろわぬ民」について父の調査を継ぐ
決意をした探偵の海老原。糸瀬家の三つの奇跡を調べるために海老原が
訪れた不亡村で殺人事件が発生する。一方、都内で発生した殺人事件の
調査で不亡村を訪れた警視庁管理官の鴻上。二人の調査は、やがて同じ
過去に遡っていく。

題名からホラー色が強いかと思いましたが、残念ながら奇跡はがっつり
探偵が解明してしまいました。海老原はそのために動いているので仕方
ないのですが。事件の真相?は微妙でした。最後もう一歩引いてグレー、
またはもう一歩押しておかないと、鴻上さんの立場がないのではないか
と思うのはワタクシだけでしょうか。

2018

04

28

コメント

三面鏡の恐怖.木々高太郎



真山の元に伊都子が尋ねてきた。彼女は真山の初恋、そして政略的に
別れた嘉代子の妹だった。真山に捨てられた嘉代子は自暴自棄となり、
真山の友人・平原に嫁いだが、すぐに別れ、肺病で亡くなったことを
伝えに来たという。程なく真山は伊都子と再婚するが、戦略に絡んだ
平原が殺害される。

初文庫化と書かれていたのですが、作品自体は1947年刊行でした。
タイトルの三面鏡に絡むコメントも作中にありますが、それもその
時代を知らないと、作中の人物と同じ共感は得られず残念でした。

2017

09

20

コメント

拝み屋怪談 禁忌を書く. 郷内心瞳



禁忌を書く。それ以外にも継続した話を挟んで進む、53編です。
表題が指す話は別の一冊になっているようです。経過がこれ程
厳しいとなると、そちらも怖いもの見たさで読みたいものです。

筆者の文章は読みやすいので、長編だろうと飛び込みます。
.........本当は少しびびっています。

シリーズ情報: 逆さ稲荷. 禁忌を書く. 

2017

09

03

コメント

拝み屋怪談 逆さ稲荷. 郷内心瞳



自身が拝み屋として生きる道を選んだ経緯。これまで一度たりとも
通しで語りきったことがない。本書を機会に全てを語りつくす。

自身の体験談と第三者から聞き得た体験談とを織り込んだ、怪談
実話集です。読みやすく興味深かったですが、最後は衝撃でした。
筆者の年齢経過と共に話が進むので長編小説としてもアリでした。

覚書   郷内: 母方の実家、 柊木: 父方の実家

拝み屋怪談シリーズ情報: 逆さ稲荷. 

2017

04

12

コメント

黒揚羽の夏. 倉数茂



両親が離婚する?その話し合いのため、母方の祖父の家である東北の田舎に
預けられた千秋、美和、颯太の兄弟。台風が過ぎた朝、3人は地図をつくるため
町を探索する。美和の視界に映った不気味な女の姿、数十年の時を経て訪れる
少女たちの失踪。過去と現在を繋ぐ真相に千秋たちは迫る。

青春の一夏のお話。両親の離婚の話し合いのため、田舎に隔離された三兄弟。
ホラーなのかミステリなのか。あ、これも絡んでくるのか。などなど、楽しみながら
読むことが出来ます。うん?と思うこともありますが、スルー出来ます。

2016

10

19

コメント

血の季節. 小泉喜美子



青山墓地で発見された幼女の死体。彼女が持って出た人形の紛失。
やがて犯人は逮捕される。どうもどこか正常ではないと思われるのに、
医学的にも法律的にも実証できなかった弁護士が依頼した精神病理
学界有数の泰斗。彼を前に、犯人は幼少期からの自分を話し出す。

1982年に発表され、復刊希望が相次いだ幻の名作がついに復刊。
という言葉に、これは読んでみなければと思って読みました。昭和が
そこはかとなく漂います。最後、精神科医と弁護士それぞれどんでん
的なものがありますが、なんとも微妙でした。

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad