2019

01

22

コメント

県警猟奇犯罪アドバイザー・久井重吾.長崎尚志



パイルドライバー

横浜市の住宅街で一家三人が惨殺された。被害者の顔にはピエロのようなメイクが施され、犯人のものと思える大量の遺留品が残されていた。近隣では15年前に同様な未解決事件が起こっており、同一犯の可能性もあった。神奈川県警捜査一課長の羽佐間は15年前にその事件の捜査員だった久井を嘱託採用し、若手の中戸川と組ませることにした。久井に振り回される中戸川であったが、久井の事件への情熱が徐々に中戸川を変えていく。

交番勤務時代に殺人犯を見抜いたことから刑事となった中戸川は、刑事になりたくてなれた刑事ではありません。むしろ向いていないと自覚があり、父親の病気を機に家業の豆腐屋を継ぐために警察を去るつもりでいます。パイルドライバーという渾名を持つ久井の何が中戸川を変えたのでしょうか。中戸川はすっきりしたようですが久井はまだ踏み出せないものがあるようで、続編がありそうな雰囲気で終わりました。
スポンサーサイト

2019

01

19

コメント

瑕死物件.櫛木理宇



コドモの王国/スープが冷める/父帰る/あまくてにがい/209号室のアオイ

サンクレール407号室に引っ越してきた奈緒。3歳になる息子・雄斗が209号室に住んでいる葵を連れて来た日を機に、葵は家に入り浸り雄斗ばかりか夫までが葵と遊ぶだけになる。3人の子供を抱えるような生活に奈緒は疲弊していく。(コドモの王国、より)

209号室に住むという葵が、一話毎それぞれの家庭を侵食していきます。葵は一体誰なのか何故209号室に住んでいるというのか。徐々に明らかになる過去は切ないものでした。一話毎に視点人物が変わります。

2019

01

10

コメント

告知.久坂部羊



綿をつめる/罪滅ぼし/告知/アロエのチカラ/いつか、あなたも/セカンド・ベスト

在宅医療専門のあすなろクリニックは2名の医師と3名の看護師、1名の事務で構成されている。看護師の中嶋は4月に来たばかりの医師・三沢と末期がん患者の初診訪問をした。三沢の初めての看取りに時に突っ込み時に見直しながら、患者だけではなく家族に心を向けていく。(綿をつめる、より)

看護師の中嶋を視点人物にした連作短編集です。死後処理も詳細に淡々と書かれており、これは筆者は医療者なのではと思ってしまう展開です。あとがきから拾うと、外科医から在宅医療まで経験された医師で本書はほぼ全て実話に基づいているとのことでした。「いつか、あなたも」は想像とは全く違うエグい話でした。。。

2018

12

18

コメント

財務捜査官岸一真.宮城啓



マモンの審判

ロンドン、投資銀行や証券会社が多く入るSOLビルの爆破事件で、岸は友人の打田を失った。その痛みを引きずる岸に警察庁に出向し、巨額のマネーロンダリング事件を捜査するという依頼がきた。一度は固辞した岸だったが、捜査は打田の死にも繋がっていく。

岸は、警視庁から出向している石田といいタッグを組んで捜査を進めていきます。出向者の集まりなので軋轢があるのかと思いましたがそこはなく、ややこしいマネーロンダリングのカラクリを追うことだけに頂点が絞られていて、スッキリ読めました。

2018

11

29

コメント

MEG ザ・モンスター.スティーヴ・オルテン



深海探査艇の優秀な操縦士だった古生物学者のジョナスは、ある事故以来海に潜らなくなった。探査中に突然巨大鮫メガドロンが現れ、急浮上するという事故を起こしたのだ。メガドロンの存在は証明されず、その後は学者として暮らしていた。だが、旧友である海洋研究所長に招かれ、事故以来初めて潜った彼は体調20メートル・体重20トンのメガドロンと再び見える。

2018年9月公開映画のノベライズかと勘違いしていました。2001年に刊行された「メガドロン」を改題し、再文庫化されたものでした。ジョーズ以来、鮫に間違いはありません。鉄板を踏まえつつ楽しく読めました。

2018

11

20

コメント

感染領域.くろきすがや



帝都大学の植物病理学者・安藤は農林水産省の依頼で九州に向かった。葉や茎が緑退赤変するトマトの枯死が発生していた。現地調査後、トマトを主力とする農業研究施設の友人が変死し、彼の研究の引き継ぎを依頼される。その研究は熟さない新種のトマトkaglaだった。原因ウイルスの分析が進む中、安藤自身もkaglaの苗木を狙う男達に襲われる。ウイルスの被害を止めることが出来るのか、kaglaは何故狙われるのか。

個人的には話の流れや終わり方の後腐れなさが好きです。菅谷淳夫・那藤功一両氏による作家ユニットとのことで、それ故の綺麗な落としどころなのかと勝手に思っています。デビュー作で受賞とか天才なのかと思うのですが、最初からそれくらい書けないとデビュー出来ないとも言えるのか、世の中そんなことも多いですよね。ウイルスなど専門的な言葉も出ますがレトロウイルスの説明もわかりやすいですし、問題なく読めるのではないでしょうか。

2018年・第16回「このミステリーがすごい! 大賞」優秀賞受賞作

2018

11

13

コメント

誰も僕を裁けない.早坂吝



職業娼婦、趣味探偵。上木らいちの元にメイド服一式と訪問依頼が届いた。差出人は逆井東蔵、全く面識がなかったが指定の日時に訪ねると四泊五日30万円でメイドをすることにな理、翌日、東蔵の子供が連続で殺害される。一方、高校生の公平は埼を深夜に訪ね、条例違反で逮捕される。らいちは犯人を明らかに、公平は裁きを跳ね除けられるのか。

軽めの流れについ惑わされますが、裏表紙にある社会派は間違いではないのかもです。残念な人もいますが、多くの人は形は違えど芯があると思いますし、危機をくぐり抜けた企業小説に通じるような気がするのですが気のせいですか?同族会社の連続殺人事件の結末がこんなに爽やかとは思いませんでした。

シリーズ情報:○○○○○○○○殺人事件虹の歯ブラシ.誰も僕を裁けない.

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad