2019

08

23

コメント

道然寺さんの双子探偵 揺れる少年.岡崎琢磨



熊本を襲った地震により自宅が倒壊、夕筑市に移住してきた雄哉。地震を機に精神的に不安てになった母と暮らす司。彼らの同級生であり問題に手を差し伸べたい双子のレンとラン、保護者である一海。鋭い推理力を持つがレンとランだが、そのアプローチの異なる二人が同級生の事件の解決を願う。

このシリーズはほんわかめの謎解きと思っていたのですが、本作は重めになっています。著者の方の思いも強いことが、あとがきからも知れます。全体的には双子の成長と、一海の色々な意味で修行の足りなさが伝わってきます。

シリーズ情報:道然寺さんの双子探偵.揺れる少年.
スポンサーサイト



2019

08

20

コメント

決定版 切り裂きジャック.仁賀克雄



第一の殺人/第二の殺人/スコットランド・ヤード/第三の殺人/第四の殺人/切り裂きジャック登場/ウォーレン警視総監の辞任/第五の殺人/その後の類似事件/切り裂きジャックとは何者か?/さまざまな容疑者たち/ジャックの正体は解明されるか?/わたしの推理するジャック像/ジャックの系譜/切り裂きジャック伝説

「ロンドンの恐怖 --- 切り裂きジャックとその時代(1985年刊行)」を増補・改訂したものが本書(2013年刊行)です。少しでもこの分野に興味があるのならば、この情報量に溺れるのもいいですね。容疑者一覧の項目に発見者や容疑者像があったり、主要容疑者一覧に推定の根拠やその後の消息があったり、解説で菊地秀行氏に取り憑かれていると言われるのも納得です。

最近は色々な物に取り憑かれている人達が嬉々として説明しているTV番組ありますよね。いやホント、出演して3時間くらい語って頂きたい。

2019

08

17

コメント

悪魔のトリック.青柳碧人



モーター姫は沈まず/見えない抜け道/それが、強さだ/わかれる者、遠きにありて/九条と有馬

新宿東署刑事課の有馬は張り込み中の事故で負傷、職場復帰後は九条という刑事の下、通称マルディーと呼ばれる特任を命じられた。九条は「悪魔の力」を授かった人間がその力を労して他者を殺めた場合、現場の上空に星が出る。昨夜は山中湖の上空に星が出た、今から犯人が授かった「悪魔の力」を見極めていくと言う(モーター姫は沈まず、より)。

マルディーとは悪魔=デビル担当、九条と有馬が担当者です。悪魔の力とはスーパーでオールマイティーな力ではなくて、カタログから「ネズミに言うことを聞かせる力」「舌の形状を自在に変える力」など微妙な力ばかり。その中から一つを選び、犯人はそれを元に殺人計画を考えます。イロモノ謎解き的な。

2019

08

08

コメント

ZI-KILL.中村啓



真夜中の殴殺魔

多摩山署管内の廃校で無惨に顔が殴り壊された遺体が発見され、刑事課の巡査部長・夢川時勇は臨場した。これは3件目の殴殺魔の犯行ではないか、連続殴殺事件の捜査本部が多摩山署に立つ。大きな事件に現場は湧くが、時勇は悩みを抱えていた。眠っている間に何処かに出かけているようなのだが、その間の記憶が無いのだ。自分が殴殺魔なのか?時勇は捜査後にもう一人の自分の捜査を始める。

自分の犯した事件を自分が捜査する。そこには破滅しかありません。時勇が追い詰められていく緊迫感はありますが、流石にそこまで野放しにしないのではと思わないでもありません。終わりはナルホドなオチもありました。

2019

07

30

コメント

サスツルギの亡霊.神山裕右



子連れ同士の再婚で兄弟となった篠田英治と矢島拓海。母に続き父が亡くなったことを機に疎遠になった。研究者として隕石調査隊に加わった南極で行方不明となった英治。その2年後、カメラマンの拓海の元に英治の死の真相が知りたければ南極に行けというメッセージと、同時期に越冬隊の密着撮影の仕事の依頼が舞い込む。偶然か、何かの始まりなのか。参加を決意した拓海に危険が迫る。

拓海はなぜ英治と疎遠になったのか、英治の行方不明の真相は何なのか。それらが絡み合いながら、南極という陸の孤島で次々と事件が起こります。ただでさえ過酷な環境なので緊迫感があります。乗り越しを心配しながら読み進めた後、サスツルギって何?と我に返りました。

2019

07

24

コメント

道然寺さんの双子探偵.岡崎琢磨



寺の隣には鬼が棲むのか/おばあちゃんの梅ヶ枝餅/子を想う/彼岸の夢、此岸の命

道然寺の長男・一海が16歳の時、敷地内に捨てられた双子を発見、妻を亡くしたばかりの住職・真海は双子を道然寺で育てることに決めた。それから14年、若和尚となった一海が巻き込まれた謎を双子が解く。

内向的だが性善説を信奉するラン、性悪説を信じる故か友人も少ないレン。二人の考え方の違いからか、一つの事件を全く違う解釈をします。事件の真相はどちらが解くのか。探偵が二人いるところが新しいですね。それだけではなく、事件の度に二人が成長していく姿がみられます。

シリーズ情報:道然寺さんの双子探偵.

2019

07

12

コメント

ふりむけばそこにいる.久賀理世



奇譚蒐集家 小泉八雲 罪を喰らうもの

名もなき残響/Heavenly Blue Butterfly/罪を喰らうもの

始まりは4日前、オーランドは雑木林に少年を見た。その少年は子供時代のオーランドそのもので日々成長していき、明日には現在の自分と瓜二つな姿で現れる恐れがあった。学寮の同室であるパトリックに相談するも、自分があちら側のものと気付きもしないで関わっている事実を突きつけられる。(名もなき残響、より)

もっと色々展開があり感動の一編なのですが、書きすぎると差し障るので。本作ではオーランドとパトリックが友情を育み、時に支え合っていく姿が書かれています。自分だけが視える自分だけが聴こえる、だと辛い時もあります。それが共有出来ることがお互いにとって得がたいことのようです。

オーランド・レディントン:聖カスバート校編入生、訳あってチェロをやめている
パトリック・ラフカディオ・ハーン:
聖カスバート校変わり者の神学生、オーランドにパトリキオス・レフカディオス・ハーンと名乗る
ジョージ・ロバート・ハーン:パトリックの兄

シリーズ情報:ふりむけばそこにいる.罪を喰らうもの.

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad