2017

10

05

コメント

羽田空港のひみつ. 秋本俊二



世界トップクラスエアポートの楽しみ方

あなたの知らない羽田空港/
知れば知るほどおトク!羽田空港の上手な利用方法/
観光!探検!羽田空港を遊びつくす/
テーマパークも顔負け?!家族で楽しむ羽田空港/
すみずみまで知り尽くす!聞いてビックリ羽田のトリビア/
知ればますます空港通!空港と航空のおもしろトリビア

羽田空港を掘って掘って広げた一冊です。しかも、愛に溢れています。
中でも航空マニアも欲しがる空港ならではのお土産や、滑走路の見える
美味しいレストラン情報など、やはり食に関するものに引っ張られますね。
秋葉原から羽田空港までのクルーズも実用されれば、是非乗ってみたい
ですね。家を出た時から旅が始まる、本当にそうだと思います。
スポンサーサイト

2017

08

13

コメント

ANAの謎とふしぎ. 秋本俊二 監修



ANAの魅力/ANAの路線・ダイヤ/ANAの航空機のふしぎ/
ANAの空港・施設・サービス/ANAで活躍する人/
ANAの歴史/ANAのトリビア

背表紙には秋本俊二氏監修、ANA協力、造事務所編と書いてあります。
見開き一項目で、機体やスタッフまでをマニアックに解説されています。
いつも思いますが、本当に詳しいですし、そこに愛があります。

2017

01

07

コメント

747ジャンボ物語. 杉江弘



誕生からダッシュ8まで栄光の半世紀

ボーイング747はどのようにして生まれたのか/ボーイング747のシリーズ別解説/
飛行準備から着陸までの操作手順とチェックリスト/747の操縦テクニックは他の
旅客機とどこが違うのか/客室乗務員から見たジャンボ/心に残るジャンボのフライト

元日本航空機長であり、2011年には747での乗務最多の功労でボーイング社から
記念品を授与された筆者が執筆者と共に、747の全てを魅せます。日頃見られない
メインデッキやアッパーデッキの写真も素敵ですが、飛行準備から着陸までの一連の
流れが本当にうっとりです。ああ、旅に、飛行機に乗りたくなっちゃいますね。

2015

03

04

コメント

素晴らしき飛行機写真の世界. 青木勝



飛行機の魅力/飛行機を撮ろう/空港へ行こう/撮影テクニック/
青木勝の下地撮影行/10枚の写真、10のエピソード

1970年、ジャンボジェットの導入直後に日本航空広報部専属カメラマン
として契約、飛行機写真を撮り始めたという青木氏(見返し紹介文より)。
ボーイング747: 4発ワイドボディ旅客機、愛称ジャンボジェット
あんなカッコいい機体から撮り始めたら、そりゃハマっちゃいますよね。

飛行機の歴史から撮影法、マイ空港のススメ、撮影行の紙上再現など。
10枚の写真~は、どれも素晴らしくプロならではのアングルです。

2014

10

11

コメント

みんなの機内食. 機内食ドットコムRikiya



110人の「機上の晩餐」お見せします!

東アジア/東南アジア・南アジア/オセアニア・北米/ヨーロッパ/
南米・アフリカ/特別機内食

毎回機内食を撮影するも、そのまま。他の方もそうだろうと感じ、機内食の写真を
公開できるサイト「機内食ドットコム」を、なんと、2003年に立ち上げられのです。
ワタクシもサイトを訪問させて頂きましたが、いや、まさに夢の世界です。うっとりw
どうぞ、機内食ドットコムと打ち込み、夢の世界を訪れてみるのはいかがでしょう。

本書で印象に残ったのは、チェジュ航空:関西~ソウルでの、おにぎり一個。
インドやスリランカの機内食、カレー。時々見る、スパゲッティミートソース。
ハム・チーズ・野菜とパンが個別包装されている、自分でつくるサンドウィッチ。
ルフトハンザドイツ航空、オーストラリア航空は、選べない。どれも美味しそう。

2014

09

11

コメント

空旅 ぴあ. ぴあMOOK



格安航空会社を利用する場合のメリット・デメリットをわかりやすく解説、
更に、機体工場見学や博物館、空弁まで細やかに紹介されています。
ですが何より素晴らしいのは、遊べる空港&周辺観光地ガイドでしょう。
有名どころの空港ががっつり紹介されています。見ているだけで幸せ。

ワタクシ、空港が(も)好きだったんですね…。 常識的な範囲内ですが、
今年の春、新千歳空港に直結するエアターミナルホテルに2泊した間、
空港から一歩も出ずとも幸せだったので、もしやと思っていました。

2014

09

05

コメント

パラダイス山元の飛行機の乗り方. パラダイス山元



1日11回搭乗の「ミリオンマイラー」が教えるヒコーキのあれこれ

1日で羽田発、羽田着の最長一筆書きルートは?
1日で「羽田―札幌」を、何往復出来るか?
1日で最大何区乗ることが出来るか?

鉄道ファンなら誰でも思いつくようなことを、なぜ飛行機でやってはいけないのか?
目的地に着いたら、乗ってきた飛行機、または隣のスポットの飛行機に乗り継いで
出発地に戻ってくることを「タッチ」、滞在時間が1時間以上だと「スティ」といいます。

え?どこの星の理念なんでしょう。こんな感じで最後まで突っ走り、スゴい本です。
フランクフルトにフランクフルトを食べに、しかもファーストクラスで。真似できません。

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad