2018

01

11

コメント

毎日が楽しくなる きらめき文房具.菅未里



文具ソムリエール 菅未里

モテ文具/見栄文具/贈り物文具/自己満足文具/不思議文具/便利文具

文具ソムリエールとは実用性ではなく、楽しい・可愛いなどの
感性に基づいて、文房具を薦める仕事であるとのこと。確かに
使ってみたいと思うものが少なくて、自分は文房具に実用性を
求めていると改めて気付きました。女子目線が必要かもです。
スポンサーサイト

2017

12

24

コメント

12月25日の怪物. 髙橋大輔



謎に満ちた「サンタクロース」の実像を追う

地図と手紙/サンタクロースになった男/大西洋を超えて/
極北のヤギ/アルプスの一夜/春の鬼/サンタと怪物の接点を求めて

2005年の早春、ロンドンの書店で手にした「ザ・サンタ・マップ」。
トルコを皮切りに、3年の間、4度に及んだサンタを追いかけた旅です。
行ってヨーロッパの数カ国かと思っていましたが、アジアにまででした。

年に一度の行事に参加する機会を逃せば次の年まで待たねばならず、
サンタの追跡には忍耐も求められる。とは探検家・作家である筆者の談。
本作をクリスマス・イブに紹介できて感無量です。

2017

11

17

コメント

東京B級グルメ放浪記. 鈴木隆祐



食の安全や定番商品の開発秘話などのルポが主体で、グルメ記事をきちんと
書いたことがない筆者が半年は外食三昧10キロ増。自分を犠牲?にして書き
あげたB級グルメの一冊です。でも、ワタクシも挑戦するには辛い年齢です。。。

それでも行ってみたいお店:
サンドイッチ@はまの屋パーラー
オムライス@光栄軒
カツカレー@キッチン南海

2017

11

14

コメント

暮らしの文房具. 土橋正



伝える/考える/残す/使い切る/メモする/集中する/永く使う/読む/
持ち運ぶ/整える/計画する/旅する/贈る/補充する/あつらえる

出張に一冊持って行くにはと考えて、こちらを選びました。見開きで一文具ずつ。
右が紹介文で左が写真。そんなサクサク行く感じも出張にぴったりと思いました。
見出しは著者の万年筆の直筆、愛ある一冊です。ペンを愛するあまり、試験管に
入れてディスプレイをされています。あ、シャー芯にも。いや、参りました。

欲しくなった物:
アドラーの鋏、タバコ鉛筆、永尾かね駒製作所の肥後守(鉛筆削ってみようか...)

2017

10

15

コメント

仕事文具. 土橋正



文具の世界が深く広くなってきているとは思いましたが、まさかこんなに
多くの用途を持つ文具が、世に存在するとは驚きです。ワタクシも理想の
文具を求めて壊してしまったこともあり、愛が足りなかったと反省しました。
心が幸せになる一冊です。

欲しくなった物:
ツールスタンドP-202: カール事務器
オートマチックロングポイントシャープナー: KUM
マルチ8: ぺんてる

2017

06

06

コメント

ミネラルウォーター・ガイドブック. 早川光



ミネラルウォーターはなぜ、必要なのか/ミネラルウォーターの賢い選び方/
ミネラルウォーター・カタログ/ミネラルウォーターの使いこなし術/

日本一江戸前鮨がわかる本」に続き、どこまでマニアックなのかと思いつつ
読みました。想像していた以上の果てに本作はありました。水だけでここまで
なんていってしまうと大変失礼ですが、尊敬に価すると思っているんですよ?
ワタクシの一番好きなアッサムティーには、ハイランドスプリング(英国)が合う
そうです。買ってみようと思いますw

2017

04

09

コメント

日本一江戸前鮨がわかる本. 早川光



江戸前鮨の楽しみ方 基本編/江戸前鮨の楽しみ方 実践編/
江戸前鮨 基本のネタを知る/江戸前鮨の名店案内/
真説・江戸前鮨の歴史

想像以上にマニアックな一冊でした。まず、食べ歩いて自分の好きなお店を
見つけ出す。しかし、そのままでは終わらせず、新しい店の開拓やその店の
旬の時期など使い分ける。ワタクシの財布事情では難しいですね。ですが、
今迄あまり食べようと思わなかったコハダと穴子を食べたくなりました。

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad