2017

05

27

コメント

ひとさじのはちみつ. 前田京子



自然がくれた家庭医薬品の知恵

ひとさじを寝る前に/もうひとさじは、目覚めのお茶とともに/
理想的な非常・保存食/歯を磨こう/大汗かいたら「はちみつ水」/
化粧水とお風呂/軟膏と絆創膏/パックとクレンジング/目薬/
胃薬/ビタミンCとで見えない敵と闘う/おなかすっきり

上記長いので「はちみつ」略してあります、妄想補足して下さい(笑)。
はっか油に続きディープなはちみつの一冊です。まさか日本薬局方の
はちみつがあるとは知りませんでした。まぁ、ほぼ、知らないことばかり
書かれていますが。。。一番試してみたいのは、はちみつ点眼ですね。
コワくもありますが、書かれているスッキリ感を味わいたいです。
スポンサーサイト

2017

05

24

コメント

ゲームマスター. 沢村鐵



国立署刑事課 晴山旭・悪夢の夏

米軍の銃器横流し事件を追う晴山は、失踪した容疑者の従弟を高校に訪ねた。
だがその帰り、警視庁生活安全部を名乗る刑事が晴山に接触。晴山の訪ねた
高校には、人の心を押して大量虐殺を引き起こすゲームマスターがいると言う。

所轄時代、スランプ続きの晴山が、本庁に引っ張られる契機となった事件です。
クランシリーズの主人公、晴山刑事のスピンオフ的作品で、ゲームマスターの
クランシリーズに絡んでくるのか、晴山の何をもって本庁に引っ張るのか。実は
よくわかりませんでした。

晴山旭: 警視庁国立署刑事課強行班係所属、巡査部長 
宮下久志: 晴山の義理の兄、長野県警刑事課盗犯所属

2017

05

21

コメント

BACK 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子. 内藤了



都内。ベジランテボード総合病院で殺人事件が発生し、田中管理官の要請で
比奈子達は臨場した。殺害された8名は全て、非公式である受刑者用病棟の
入院患者だった。猟奇犯罪捜査班の捜査協力で実行犯は逮捕されるも死亡。
だがその後、検視官が示唆したのは「スイッチを押す者」に迫る脅威だった。

2016年クリスマスイブから大晦日にかけての、衝撃です。意識していません
でしたが本書の発行は2016年12月なので、意外にリアルな時系列でした。
事件や準備段階の犠牲者は本当に悲惨です。そして、それを容易く行う者が
スイッチを押す者=保に迫り来ることを認識した、比奈子達の緊張感マックス
状態で本作は終了です。その他にも色々仕込まれている感があります。

シリーズ情報: ON. CUT. AID. LEAK. ZERO. ONE. BACK. 

2017

05

17

コメント

テミスの剣. 中山七里



台風の接近に伴う大雨の夜、埼玉県浦和市で不動産業の夫婦が殺害された。
刑事として配属されたばかりの渡瀬は、教育係の鳴海とともに被疑者・楠木を
確保、激しい取り調べの結果自白した翌年に拘置所で自殺した。それから5年、
渡瀬は別件で逮捕した迫水から、不動産夫婦の殺害自供を引き出す。楠木は
冤罪だった。そして24年後、出所した迫水が殺害された。

二部構成です。新人刑事の頃の渡瀬さんが、冤罪を明らかにするまでが一部。
そこには葛藤が、などと一言では言えない過程がありました。そして、24年後
迫水殺害を自分の事件だと犯人を追う渡瀬さん。「切り裂きジャックの告白」と
同時期に起こっている事件ですので、古手川と犬養さんがチラリと登場します。
退官前の高遠寺静、その他関係者もスタンスそのまま登場します。

渡瀬: 浦和署刑事、後、埼玉県警捜査一課刑事
高遠寺静: 東京高等裁判所判事、裁判長裁判官
恩田嗣彦: 東京高等検察庁検事

古手川: 埼玉県警渡瀬の部下
犬養: 警視庁一課麻生班刑事
葛城公彦: 警視庁一課麻生班刑事
高遠寺円: 静の孫

2017

05

14

コメント

ぞろりん がったん. 大門剛明



怪談をめぐるミステリー

序章/座敷わらし/言うな地蔵/河童の雨乞い/
吉作落とし/チロリン橋/ぞろりん がったん

内畠拓也は救急救命士、世良耕平という伝奇物の作家の友人がいる。
ある夜、世良の義妹から、姉と連絡が取れないと相談を受けた内畠が
世良を訪ねると、最新作「ぞろりん がったん」を読むことになり…。

序章に振りがあり、各地の怪談を取り入れた短編集が続きます。そして
最後はまた、内畠の話に戻ります。短編はどんでん返し的なものもあり、
そのまま行くのもあり、幅は豊かです。

2017

05

10

コメント

雷轟. 押井守 



雷轟: アンティータム 1862/ヤマトステーション 1966
PAX JAPONICA 解説篇: 
東京要塞化計画(仮)/PAX JAPONICA/『PAX JAPONICA』 の世界観

二番機の操縦士醐堂予備中尉は、前方に進出した五式双戦で帰討しながら
損傷機を抱えて帰投するという指揮を行い、損傷機も着艦。大尉に昇進した。
双戦の対地攻撃を試したかったからなのだが、有志を集い更に作戦を練る。
だが、全機出撃した醐堂が迎え撃つものは想像を超える機体だった。

短編中編の連作で進むシリーズとのことで、本作もアンティータムが短篇で
ヤマトステーションが中編となっています。ワタクシに全容はわかりませんが、
解説篇によると『ケルベロス』と『パックスヤポニカ』との整合性で悩んでいる。
別の歴史で同じ時代をやってしまうと読者が混乱するので、とありました。
リンクする世界は好きなのですが、ここは複雑でついていけるか心配です。

2017

05

06

コメント

鬼の蔵. 内藤了



よろず建物因縁帳

蒼具の盆は隠れ鬼を厳しく禁じる。禁忌を破って隠れ鬼をした兄妹の、兄は
神社のある裏山から異様な遺体でみつかった。その体験を忌まわしく恐れた
妹は蒼具の屋敷を村に寄贈。村の活性化のため「道の駅」新設の助成金が
下りた。広告代理店に勤務する高沢春菜は現場を訪れ、蒼具の蔵に人間の
血液で鬼と書かれた土戸を調査に入った民俗学者に見せられる。そこには、
曳き屋師も同席しており、因縁を祓って曳くには調査が必要と告げる。

本は薄いのですが中身は濃いです。因縁付き物件専門の曳き屋隠温羅流。
仙龍が蒼具の蔵の因縁を解き明かしていきます。ホラーとミステリが融合し、
猟奇犯罪のシリーズとは違う世界が広がっているのですが、そこにも色恋を
出しているのは流石でした。来月にシリーズ二作目が刊行されるようですが、
中心人物はレギュラーなのか、そこも気になります。

シリーズ情報: 鬼の蔵. 

仙龍: 隠温羅流導師、株式会社鐘鋳建設代表取締役、守屋大地
コーイチ: 文化人類学の修士号を持つ法被前の駆け出し、崇道浩一
小林教授: 民俗学の教授
雷助和尚: 三途寺和尚、加藤雷助

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad