2018

02

23

コメント

烏に単は似合わない.阿部智里



八咫烏が支配する山内で若宮の后選びが始まった。大貴族四家から姫が
春夏秋冬の殿に登殿した。それぞれの家を背負い、入内を狙う姫達だが
若宮は一向に訪れない。姫達に焦りも生じ、ついに一人の女房の死体が
発見された。登殿から一年、ついに若宮が訪れ后を選ぶ。

本屋推しがかなり強かったので読みました。で、読んでビックリです。
異世界の権力争いの話かと思いきや、がっつり謎解きでした。しかも
やられました。一本取られました。松本清張賞受賞作品ということを
もっと認識すべきでしたが、その分鮮烈だったので良しとします。
スポンサーサイト

2018

02

20

コメント

樹海警察.大倉崇裕



栗柄慶太の暴走/桃園春奈の焦燥/明日野裕一郎の執念

柿崎努は警部補。初任幹部教育を終えた配属先は山梨県警上吉田署の
地域特別室だった。赴任初日に駅から直接臨場を促され、着いた所は
青木ヶ原樹海。特別室の職務は樹海で発見された死体の処置なのだ。
部下は個性的な面々ばかり、捜査一課は常にケンカ腰、前任者は自ら
職を去ったという。柿崎は職務を全う出来るのか。

キャリアの柿崎が9ヶ月の通過点と思っていた赴任先は、誰もが同情
する県警のお荷物的な部署でした。個性的な部下に振り回されるだけ
ではなく、柿崎自らも真っ直ぐで生真面目で、スジの通った頑固さが
徐々に周りを変えていっていると思います。個性的な部下達にも各々
樹海に拘る理由があり、それは続いているとすると続編アリですね。   

2018

02

17

コメント

世界の機内食.イカロス出版



上空1万メートルで堪能するグルメ

ファーストクラスの機内食/ビジネスクラスの機内食/
エコノミークラスの機内食/LCCの機内食/
ドリンク/エコノミークラスの機内食

画像だけでも堪能できます。飛行機に乗っている気分にもなります。
ファーストクラスには一生乗れないでしょうが、このシェフたちの
お店にも行けないでしょう。。。でも、ヒコーキ関係の本は読むと
旅に行きたくなりますし、予定がなくてもワクワクしますね。

2018

02

14

コメント

空中ブランコ.奥田英朗



空中ブランコ/ハリネズミ/義父のヅラ/ホットコーナー/女流作家

麻布学院大学医学部付属病院神経科勤務で大学講師の池山達郎は、日々
戦っていた。義父の野村は現学部長、医学部のトップ。そして、ヅラだ。
池山は、そのヅラを剥ぎたい衝動と日々戦っている。身の破滅だからだ。
池山は悩み伊良部の診察を受けたが、ヅラを剥ぐ以外に治す法はないと
伊良部は池山の医局を訪ねて来た。(義父のヅラ、より)

これは名作になっています。前作は伊良部の滅茶苦茶さに振り回されて、
副産物的な解決らしきものが見えたのですが、本作は患者自らが気付き
癒され、解決に導けているのです。本作は池山以外にも外科医の倉本も
登場し、3人でヅラを巡って組み合うなど青春を感じてジーンときます。
第131回直木賞受賞作品です。

シリーズ情報:イン・ザ・プール.空中ブランコ.

2018

02

10

コメント

幻屍症.周木律



島周囲をフェンスで囲まれた孤島、四水園。そこでは「園生」と呼ばれる
何百人もの孤児たちが共同生活し、15歳の春で卒園していく。その園生の
一人ユタカはヒトとモノがしばしば歪んで見え、自ら幻視症と呼んでいた。
ある日、ユタカはミツルかと園内の謎「四忌」を追うことになる。それは
解ければ願いが叶い、真実に辿り着けない者は死ぬという四つの謎だった。

表紙からの印象でもっとホラー色が強い話と妄想していましたが、謎多き
孤島に住むユタカが、ミツルという友人を得て、何かに立ち向かう強さを
得ていくという爽やか成長記です。そう言えば、以前読んだ作品も理性が
漂っていました。

2018

02

07

コメント

警察手帳.古野まほろ



警察官への道/刑事の生きざま/警察組織の掟/30万人警察職員の人間学

本書は警察手帳に対するマニアックな愛の本かと勝手に思っていましたが、
どうやら警察手帳を持つ人達の、もとキャリアが巨大な組織を「ある程度」
語った一冊です。職人でもある刑事への尊敬の念も感じ、TVドラマにある
キャリアと現場刑事との垣根が低いように感じました。

2018

02

04

コメント

イン・ザ・プール.奥田英朗



イン・ザ・プール/勃ちっ放し/コンパニオン/
フレンズ/いてもたっても

伊良部総合病院の地下一階にある神経科。身体の不調を訴え連日通いつめる
和雄は、医師から受診を促される。そこには白く太った医師・伊良部一郎が。
振り切れた伊良部の指示はトンデモなく、その奇抜さに驚くばかりだったが
何故か頷いてしまう。(イン・ザ・プール、より)

プール依存症の患者と共にプールに行く。治療なのか、いやむしろ伊良部が
ハマっている感が。伊良部に振り回される彼らの着地点はどこなのでしょう。
春日センセとも違った新しい精神科医師の登場でした。振り回される患者の
伊良部への一言。呑気を独り占めしやがって、笑えます。

シリーズ情報:イン・ザ・プール.

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad